OCEANUS ひたすらルアー釣行記

ルアーでシーバス・メバル 三重県+オーストラリア釣行記+タックルインプレとか

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

間崎島 カヤック&キャンプ 行ってきました!

間崎島カヤックキャンプへ行ってきました!今回、釣りはなしです。

もう楽しみで2日前ぐらいから用意を始めました。
カヤックの中に積み込む荷物はだいたいこんな感じ。
S-IMG00289.jpg

これに加え、カヤックの上にテント、マット、クーラーボックスを乗せます。


ルートはこんな感じ。直線で2kmちょいでしょうかね。
S-140727map.jpg


水産高校の近くの船着き場より昼過ぎに出発!
夜から天気が崩れるらしいので早く出る事にしました。
これが結果的に正解でした~

いざ、出発!
S-IMG00290.jpg


天気が予想よりかなり早く落ちてきているようで、、、
北風がめっちゃ吹いて来ました。漕ぐのしんど~
S-IMG00293.jpg

場所を完全に見誤ってましたが、ようやく間崎島はすぐそこです。
S-IMG00297.jpg


やった~!無事上陸です。いや~なんと1時間もかかりました。
S-IMG00298.jpg

でも鬼漕ぎしてるわけではないんで、疲れはそれほどありません。


さて~、荷物を運んでテントを建てようかと思ってたら
雨がじゃじゃ降り、嵐のような天気に、、、。
いやー早く出て正解!というか命拾い!

1時間ほどすると雨も止んできました。さてやりますか~

自分のテントはキャプテンスタッグの安物簡単テント。
結構使ってますがこれで自分は十分ですね
S-IMG00304.jpg

まずはコーヒー作ってまったりしましょうかね。
S-IMG00306.jpg

そうこうしていると、夕方のいい時間になってきました。

S-DSC02978.jpg

S-IMG00312.jpg

S-IMG00319.jpg

雨が降ったおかけで空気も澄んで最高です。涼しいしね。

夕方まではBBQされている人たちもいましたが、日没になると
自分一人になりました。

さて、お腹も空いてきたのでご飯にしましょうー

何を持ってくるか悩みましたが、できるだけ荷物を減らした
かったのでレトルトのパスタにしました。

最近のパスタは100gで束になってて便利ですね。
S-IMG00321.jpg

では、いっただきまーす!ビールも最高っ~
S-IMG00324.jpg

ビール3本持ってきましたが、やはり一人だと飲みませんわ。
結局1本飲んでのんびりと本読みながらゴロゴロと。
そうしてるうちに、、、就寝。
風が結構強くてびゅーびゅーうるさいので耳栓して寝ました。

ところが2時頃に「コケー!!」とか「クワー!!」とか鳥の声が聞こえてきます。
ニワトリ?いやこんな海のそばにおらへんやろ、、と寝ながら思ってたら

朝起きて道路の向うを見てみると。おるやん!ニワトリ
S-IMG00326.jpg
結構近くでした。そりゃうるさいはず。


せっかくなんでこの間崎島のキャンプサイトを紹介します。
キャンプはなんとフリー!タダですよ!

夏の海水浴には最高の場所です。
ここは人工の浜かな?すごくきれいです。
S-DSC02969.jpg

洗面所もちゃーんとあります。水の心配はいりませんよ。
S-IMG00302.jpg

奥に見えるのが管理棟。というか間崎島公民館。
S-IMG00303.jpg

この時期限定で「里海CAFE」を営業されています。
S-IMG00305.jpg
ビールやなんかも売ってます。しかも良心的な値段ですよ。

で、こちらがシャワールーム。お湯は出ません。
S-IMG00330.jpg

ロッカーまで完備されています。
S-IMG00331.jpg

そしてトイレ。綺麗です。
S-IMG00333.jpg


定期船が賢島から出ています。詳しくは志摩マリンレジャーのサイトで。


翌朝はかなり涼しくて快適~。簡単に朝食を済ませて撤収~

ではでは帰りまーす! ほぼ無風ですいすい進めます。
S-IMG00336.jpg


定期船の時間と重なってしまいました!できるだけ離れようと鬼漕ぎ~
S-IMG00338.jpg

パールブリッジが見えてきました。後もう少しです。
S-IMG00340.jpg

ようやく到着!帰りはなんと30分で到着しました。
S-IMG00342.jpg


行きはあいにくの天気でしたが、逆にそのおかげで涼しくて快適でした。
この間崎島はロケーションも最高で、のんびりと過ごすには最高ですよー。


厚手のビニールにテントとか入れてましたが、
やっぱりこれが必要です
ティア TYR ライトドライバッグ スモール LIGHT DRY BAG/水泳用品 2014年春夏モデル

ティア TYR ライトドライバッグ スモール LIGHT DRY BAG/水泳用品 2014年春夏モデル
スポンサーサイト

| 未分類 | 11:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。